税金をわかりやすく説明してくれることは重要!

税理士は税金に関する事柄を扱う業務です。一般的なのは所得税・法人税・消費税・贈与税・相続税の確定申告にかかわるもので、どのような収益や贈与によって税金がかかるのか、一般の人にはわかりにくところがあります。特にお金の出入りが複雑になれば、その分、税金も複雑になるので、専門家である税理士に依頼します。

よく、公認会計士と混同してしまいますが、公認会計士は独立した立場において、公正に企業等の会計の適法性・正確性の判断を行う業務です。よく見かけるのが、企業の有価証券報告書です。

有価証券報告書には公認会計士の承認が必要となります。もし、有価証券報告書に大きな誤りや企業の粉飾決算が見つかるような事態になれば、公認会計士の責任となる場合があります。税理士事務所のホームページがいくつもありますが、税金についてわかりやすく説明がされているのが信頼性があると言えます。なぜなら、顧客が税金について、全然、知識がないと、税理士が本当に正当な業務を行っているのか監視することができません。税金についての知識を教えるということは、顧客が監視できるような体制をつくることで、正当な業務を行うということをアピールすることになります。